2006年10月21日

ブラック・ダリア

土曜の夜、
「ブラック・ダリア」を見てきました。
実際にあった猟奇殺人事件を題材にした
ジェイムズ・エルロイ原作の小説を映画化にしたものです。
ジェイムズ・エルロイといえば、
「LAコンフィデンシャル」の原作者でもありますよね。
言葉より拳骨、みたいな無骨な主人公のキャラクター設定は
二つの作品に共通してるなーと思いました。
(「LA〜」の時のラッセル・クロウはほんとに素敵だった!)
主役のジョシュ・ハートネットは特に好みではありませんが、
ガタイのよさはさすが♪
ヒラリー・スワンクが美貌の富豪令嬢の役だったんですけど、
美貌にも、富豪令嬢にも見えなくてちょっときつかったです。
事件の鍵を握る、ファム・ファタル的な役どころなのに〜。
なぜ、ヒラリー・スワンクなのか?
こんなだったら、髪の毛黒く染めてスカーレット・ヨハンソンがやればよかったのでは?なんて思ったりして。

それにしてもおっかなかった!
なにせ、題材が猟奇殺人事件ですからね。
グロイシーンが多すぎ!
後味も不気味だし、
終わった後、友人と
「一人で来なくて良かったねー」と言い合ってしまいました。
小心者のピーママは翌日映画の怖いところを思い出して
早朝覚醒してしまいましたが、
我が家に泊まって行った友人は、
「夢に出てきそ〜」と言ってたわりに、10時まで爆睡(笑)
ピエールから目覚めのキックを受けていましたとさ^^;


posted by ピエールママ at 00:00| 新潟 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。