2006年10月19日

Dogs For Peace!

広島ドッグパークの事件や、
他にも胸の痛くなるような事件がこのところ続きます。

人ってなんでこんなに残酷になれるのかなー。

私の中にも意地悪な気持ちはあるし、
人の悪口、噂話をしちゃう時もあります。
偽善者にはなりたくないけど、
もうちょっと優しい気持ちを持てるようになれたらいいな〜。
なんて。

よく、赤ちゃんを産んだ人が、
「今まで特に子供好きじゃなかったけど、
自分が子供を産んでから、よその子もみんな可愛く思えるようになった」
というようなことを話しているのを耳にします。

自分ちの子だけじゃなくて、
よそのうちの子もみんな可愛く、愛しく思えてくる。
ピーママは子供を産んだことがないけど、
ピエールが来てから、
よその犬たちも、今まで以上に可愛く感じるようになりました。
そういう気持ちをくれたピエールにとっても感謝してたりします。

以前見た映画「トゥルーへの手紙」。
命の大切さとか、優しさとか、ちょっと恥ずかしいけど、
そういうことを感じさせてくれる映画です。



愛犬家で有名な写真家のブルース・ウエーバーが
ゴールデンレトリバーのトゥルーに向けて書いた手紙。
特にまとまったストーリーがあるわけじゃなくて、
印象的な映像をコラージュしたみたいな映画だから、
じーっと画面に集中するっていうより、
好きな酒でもゆっくり(←これが重要)飲みながら、
時々わが子をなでたりしながら観ると良いかも。
草むらでねているトゥルーののおでこにチョウチョがとまるシーン、
ただそれだけなのに、
なんで涙が出てくるんだろう。
ブルース・ウエーバーですから、
もちろん音楽のセレクトも良いのですよ。

もうちょっと安くならないかな〜。
そしたらすぐ買うんだけど(苦笑)
給料日前でしぶちんなピーママでした。
珍しくまじめにブログを書いてる母の横で、
ぴーは寝っ屁!
どーいんだろうかね!この子は!





posted by ピエールママ at 00:46| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。