2006年09月15日

マッチ・ポイント

今日は同じ職場の人と
「マッチ・ポイント」を観てきました。
映画の芸術性とか全くわかってない
いい男ウォッチャー、ピーママの今回の狙いは
ジョナサン・リース・マイヤーズです揺れるハート
逆玉狙いのテニスコーチという役柄。
もちろん素敵でしたが、ピーママ的には萌え度数65%ぐらいでした。
ベルベット・ゴールドマインの印象が強くて、それを超えるインパクトがなかったというか・・・。
おやじ殺し、スカーレット・ヨハンソンはムチムチフェロモン出しまくってました!
さすがセルライトの女王!

ところで、内容なんですが、
先週、一足お先に観てきた先輩が
「ジャンルがミステリーだってことに半分ぐらいまで来てやっと気づいた」
と言ってましたが、まさにそんな感じでした(笑)
このぐらいなら、ネタバレにならないか?

ウッディ・アレンの作品が好きな人って、
結構いるはずなのに、
先週公開したばっかりでレイトは今日まで。
今日も劇場内は10人いるかどうかっていうがら空き状態でした。
ワーナーマイカルの存続が心配です。

posted by ピエールママ at 00:00| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。